【和室にある畳を守る効果もある】カーテンの役割と魅力
ロゴ

和室や洋室でカーテンを選ぶなら特長を見るべし!

カーテン選びでお悩みなら!

カーテン選びは意外と悩んでしまうという方も少なくないでしょう。そのため、選ぶポイントやコツがあれば教えて欲しいと思っている人も多いはずです。カーテンは部屋の雰囲気を変える大事なアイテム。ですから、コツを学んで慎重に選んでいきましょう。

カーテンの種類

  • ダブルカーテン
  • ロールスクリーン
  • ブラインド
  • 縦型ブラインド
  • シェード
  • プリーツスクリーン

【和室にある畳を守る効果もある】カーテンの役割と魅力

家族

カーテンの効果って?

そもそもカーテンを購入するにあたって、その効果について知らないといけません。カーテンの効果は外から室内を見えなくするだけではなく、自然光の調整や防音にも効果があるんです。それに窓からくる暑い気温、寒い気温から和らげてくれる役目もあるんですよ。だから適当に選んでいると光が入る、寒さを和らげないといったマイナス効果をもたらしてしまうのです。また、和室にカーテンを付けることで畳の焼けを防ぐ効果もありますよ。よって、洋室でも和室でもカーテンはメリットを運んでくれる大事なアイテムなのです。

ウーマン

購入するなら特長を調べるべし!

カーテンを買う時には、そのカーテンの特長をしっかり調べてから購入するべきです。たとえば、寒い冬を快適に過ごしたいので保温性の高いカーテンを選んだり、外からの視線を遮断するなら遮光力があるカーテンがいいなど各カーテンの特長をしっかり調べて、自分にあったカーテンを購入しましょう。そうして選ぶことで、生活が快適になってくるのは明らかです。

室内

自分で好きなものを作る

色々なカーテンがあるなか、自分の好きなデザインのカーテンになかなか出会えない方もいます。そんな方は自分で作っちゃいましょう。カーテンを自作するなら無地カーテンがオススメです。でもすぐに制作するのではなく、紙などにイメージを書き出して、制作するようにしたら失敗しませんよ。また、このカーテンにあわせて、他のインテリア用品もDIYで作ってみると統一感もでて面白いかもしれません。モダンなカーテンにあう家具をDIYすれば、モダンでオシャレな部屋に大変身できるでしょう。

生活サイクルで選ぶことも忘れずに!

昼夜逆転の生活をしてる方も、中にはいるでしょう。しかし、遮光カーテンを使用していない場合は光が入り、寝不足になる可能性もあります。カーテンはベッドと同じように生活を快適にする重要なアイテムです。ですから、自分の生活サイクルにあったカーテンを選ぶようにしてください。

広告募集中